【Vagrant】CentOS8.2でGUIデスクトップ環境

概要

CentOSにGUIデスクトップ環境みたいなやつ(GNOMEか…?)あったよね、あれどう表示するんだろとなったので調べて作っていました。
Vagrantfileにコードを書いておくだけでよいらしく、わりとすんなり表示されたのでメモ。

環境

Windows10 home

やったこと

vagrant init

適当なフォルダにVagrantfileをつくって

C:\>vagrant init
A `Vagrantfile` has been placed in this directory. You are now
ready to `vagrant up` your first virtual environment! Please read
the comments in the Vagrantfile as well as documentation on
`vagrantup.com` for more information on using Vagrant.

vagrantfile内容設定

下記をコピーして貼り付けます。

Vagrant.configure("2") do |config|
  config.vm.box = "bento/centos-8.2"
  config.vm.box_version = "202006.16.0"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    vb.gui = true
    vb.memory = "1024"
  end
  
  config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
    sudo dnf -y group install "Server with GUI"
    sudo systemctl set-default graphical.target
    sudo systemctl get-default
  SHELL
end

vagrant up

あとは起動する。これだけでいいらしい。
(シェルでGUIデスクトップのインストールしているのでちょっと時間がかかります、20分ぐらいかかった)

C:\>vagrant up

Vagrantfileに何が書いてあるか

Vagrantfileでは、ここで使うboxファイル(bento/centos-8.2)とIP(192.168.33.10)を指定して。

  config.vm.box = "bento/centos-8.2"
  config.vm.box_version = "202006.16.0"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

ここでVitualBoxのGUI画面が表示されるようにして。

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    vb.gui = true
    vb.memory = "1024"
  end

ここで初回起動時に実行するシェルコマンドを記入しています。
インストールだけなら「sudo dnf -y group install “Server with GUI”」があれば良い様子。
「sudo dnf systemctl set-default graphical.target」とかはマシンを起動するたびにGUIデスクトップを立ち上げる設定らしいです。

  config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
    sudo dnf -y group install "Server with GUI" 
    sudo systemctl set-default graphical.target
    sudo systemctl get-default
  SHELL

上記が終わったあと仮想マシンをシャットダウン→起動します。

C:\>vagrant halt
C:\>vagrant up

下記のようなGUIが立ち上がりvagrantを選択後、パスワードを入れるとログインできました。

おわり。