バッチファイルでポモドーロ・テクニックを使いたい

bat

概要

何らかの理由で職場のWindowsに何もソフトウェア入れられないけど、ポモドーロ・テクニックを使いたいぞという瞬間がありますよね。
バッチファイルでポモドーロできないかな・・・と思った結果がこちらになります。

windows7以降ならtimeout関数が使えるそうなのでそれを使います。
timeout関数は引数の秒数だけ待機してくれる関数です。
アラートはメッセージボックス表示させるvbsを作って実行、削除という方法で実現しています。

テキストファイルに書いて拡張子を.batにするとクリックするだけでタイマーがかけられて便利です。

コード

25分のポモドーロ

@echo off
set /a min=25*60
timeout %min%

set /a min=%min%/60
echo MsgBox "%min%分が経ちました。",vbInformation,"情報" > %TEMP%\msgbox.vbs & %TEMP%\msgbox.vbs 
del /Q %TEMP%\msgbox.vbs

5分のポモドーロ

@echo off
set /a min=5*60
timeout %min%

set /a min=%min%/60
echo MsgBox "%min%分が経ちました。",vbInformation,"情報" > %TEMP%\msgbox.vbs & %TEMP%\msgbox.vbs 
del /Q %TEMP%\msgbox.vbs

実行するとタイマーをかける時間(分)を求められるタイプのポモドーロ

@echo off
set /p min="タイマーにセットしたい分数を入力してください:"
set /a min=%min%*60
timeout %min%

set /a min=%min%/60
echo MsgBox "%min%分が経ちました。",vbInformation,"情報" > %TEMP%\msgbox.vbs & %TEMP%\msgbox.vbs 
del /Q %TEMP%\msgbox.vbs

実行のようす

起動時

待機したい分数を入力してEnterを押すとカウントダウンが始まります。
(カウントダウン中になにかのキーを押すとアラートまで進んでしまうので、カウント中はウィンドウを最小化しておきましょう)

入力分数経過すると、vbsで作ったアラートが実行されます。